シストレ魂は、日本株システムトレードのための検証ソフトです。

特長10:チャート機能でトレードアイデアを視覚的に把握することが可能!


シストレ魂は、チャートビュー機能を有しております。

このチャートビュー機能を利用することによって、
トレードアイデアを視覚的に把握することが可能となります。

チャートビュー機能はバックテスト機能と相互補完的に利用すると非常に有用だと言えます。

【チャートビュー】

シストレ魂のチャートビュー機能は、従来のチャートソフトで出来ることはもちろん、
従来のチャートソフトでは出来ないオリジナルの機能も有しております。

具体的には、

他の銘柄のテクニカル指標を表示させたり、
他の銘柄との連動性に関するテクニカル指標を表示させたりすることができる

という、これまでにない機能や使い方が出来ることが、大きな特長となっております。

具体的にどんな使い方が出来るのか・・・?
それがトレードアイデア探しに如何に役に立てるのか・・・?

について、事例を挙げながら説明をします。


株価データと同じ場所に出るテクニカル指標


最初に、株価データと同じ場所に出るテクニカル指標の事例について説明します。
以下のチャートをご覧ください。

【チャートビュー】

これは日経平均株価の時系列データに対して、

※25日移動平均
※ボリンジャーバンド+2σ(25日)
※ボリンジャーバンド−2σ(25日)

という3つのテクニカル指標を追加したものです。

シストレ魂では、株価データ上に表示させるのに
ふさわしいテクニカル指標とそうでないテクニカル指標を選別しています。

上記のテクニカル指標(移動平均の値、ボリンジャーバンド)については、
前者となっております。

そして、この図を見る限りでは、

「ボリンジャーバンド−2σに近づいたときに反発して、ボリンジャーバンド+2σのときに反落してるな」

というのが直感的に得られるのではないかと思います。

実際、テクニカル分析の教科書でも、ボリンジャーバンドについては、
このように書かれているので、逆張りトレードをすると儲かるのではと思うかもしれません。

しかし、これはあくまでもこの時期の日経平均株価についてはそうなっていたにすぎず、
他の時期や他の銘柄ではそうなっていない・・・

という可能性もなくはありません。

もしかしたら、全銘柄で検証をして統計をとったら損をしていた・・・

という可能性だってなくはありません。

それを確認するために、シストレ魂のバックテスト機能があるのです。

このように利用すると、チャートビュー機能とバックテスト機能は相互補完関係にあるわけです。

チャートビュー機能を使って有効に機能しそうなトレードアイデアを視覚的に探してみて、
それが本当に有効かどうかをバックテスト機能で確認する

というのは非常に有用な使い方だと思います。


株価データと同じ場所に出るテクニカル指標


テクニカル指標によっては、株価データと同じ場所に出ると把握しづらいものもあります。

RSIのようなオシレータ系指標などはその典型です。

以下をチャートをご覧ください。

【チャートビュー】

今度は銘柄を変えて、7201(日産自動車)のチャートです。

株価データと同じ場所に、
25日移動平均、ボリンジャーバンド+2σ、ボリンジャーバンド−2σ、の3つを入れていますが、
それに加えて、株価データの下にRSI(14)の推移を表示されています。

RSI(14)の部分を拡大させたのが、以下の図となります。

【チャートビュー】

RSI(14)の推移と株価データの推移を比較して見ていくと、
RSI(14)の水準が25〜30あたりで当面の底値をつけているように見えます。

そして、ボリンジャーバンドの推移と合わせて見たとき、

「ボリンジャーバンドが−2σ以下、かつ、RSI(14)が30以下、だったら買い」

というようなトレードアイデアが思いつくのではないでしょうか。

もちろん、このトレードアイデアの有効性も、
バックテストで確認しなければならないのは言うまでもありません。


シストレ魂オリジナルのチャート機能とは?


ここまでで説明したものは、既存のチャートソフトにも搭載されているものかと思われますので、
今さら驚くほどのものではありません。

しかし、シストレ魂には、これだけではないのです。
シストレ魂には既存のチャートソフトにはない、オリジナルの機能も備わっています。

その機能とは・・・

他の銘柄のテクニカル指標を表示させたり、
他の銘柄との連動性に関するテクニカル指標を表示させたりすることができる!

というものです。

これについて、具体的に見てみましょう。 以下をご覧ください。

【チャートビュー】

上の図の銘柄コードと、右側のテクニカル指標(緑色の線)に注目です。

【チャートビュー】

株価データで表示させている銘柄は8801(三井不動産)ですが・・・

その下に表示させた緑色の線は、
0101(日経平均株価)の75日移動平均乖離率であることがわかります。

シストレ魂では、他の銘柄(今回は、日経平均株価)のテクニカル指標を見ながら、
目的の銘柄(今回は、三井不動産)を仕掛けるべきかどうか、を確認することができます。

つまり、上の事例だと、三井不動産のトレードをするかどうかの判断を、
日経平均株価に関するテクニカル指標を見て判断する、ということが出来るのです。

今回の場合ですと、

■ 日経平均株価の75日移動平均乖離率を見て相場全体のトレンドを判定して、
■ 上昇トレンドと判定したとき(例えば、乖離率が0を上抜け)に買い、というトレードが有効かどうかを、
■ 日経平均株価と連動していると思われる三井不動産のような銘柄で確認してみる、

という使い方ができるということです。

それでは、日経平均株価と三井不動産の株価の連動性はどんな感じでしょうか?
相関係数(2つの銘柄の連動性を見る統計指標)をチャートに表示させて確認することができます。

以下をご覧ください。

【チャートビュー】

日経平均株価と三井不動産の相関係数ですが、

75日間の相関係数は、0.928
25日間の相関係数は、0.805

となっております。

相関係数というのは、−1.000 〜 +1.000 の間の値をとる統計指標で、

+1.000に近いほど、同じ方向への連動性が高い
−1.000に近いほど、逆の方向への連動性が高い
±0.000に近いほど、連動性が低い

という見方をしますから、この時期に関して言えば、
日経平均株価と三井不動産の株価の連動性は非常に高いということが分かります。

したがって、日経平均株価で相場全体のトレンドを判定して、 上昇トレンドだと判定されたときに三井不動産を買いに行く・・・

という戦略がうまくいくのではないか、というアイデアが得られます。

もちろん、他の時期ではどうか、他の銘柄ではどうか、全体的な統計的傾向は有効なのか、
ということをバックテスト機能を使って確認をしなければなりません。

シストレ魂の次の特長を知りたい
特長11:充実したサポート体制と情報発信でバックアップ!

シストレ魂の前の特長を知りたい
特長9:さまざまなデータのCSVファイル出力が可能!

↑ PAGE TOP