株システムトレードソフト シストレ魂

システムトレードとは?

システムトレードの定義

システムトレードとは、事前に定めた約束に従って機械的に売買する手法です。

・事前に定めた約束

・機械的に売買

というこの2つが大きなポイントです。

もし、この「事前に定めた約束」とやらに何らかの優位性があって、かつ、それに従って「機械的に売買する」だけで安定したトレード成績を収めることができるのであれば、こんなに嬉しいことはないでしょう。

ちなみに、事前に定めた約束のことをストラテジー(もしくは、ルール)と呼びます。

システムトレードという手法の可能性

株式投資をある程度経験した人でしたら、株式投資で安定した利益を稼ぎ続けることの難しさを痛感しているかと思いますが、如何でしょうか。

例えば、2003年〜2005年のような上昇相場であれば多くの人が利益を出せたでしょうけど、2006年〜2008年のような下落相場では多くの人が損失を出して終わっているのではないでしょうか?

もしかしたら、2003年〜2005年の上昇相場で稼いだ利益を2006年〜2008年の下落相場で全て吐き出してしまった、という人もいるかもしれません。

また、アベノミクス相場のような上昇局面で儲けた人は多いかもしれませんが、その後もし相場環境が変わったときに対応できる自信はあるでしょうか?

ある特定の時期に大きく勝つということは可能でしょうが、長期にわたって勝ち続けるというのはそう簡単なことではありません。

株式投資で安定した利益を稼ぎ続けることの難しさは、経験者であればあるほど実感しているはずですし、投資歴●●年という自称ベテランでさえ、トータルで儲かっているかどうかというと怪しいかもしれません。

このように、株式投資という世界は非常に厳しい世界ではあり、システムトレードとて決して平坦な道ではないのですが、それでもシステムトレードという手法は、1つの可能性を秘めていると思います。

なぜならば、多くの人が株式投資で失敗する最大の理由の1つとして、「規律のないトレードをやってしまうこと」が挙げられるからです。

「規律のないトレード」とは、自分なりのトレードルールを持たず、行き当たりばったりでトレードをすることによって起こり得ます。

つまり、「事前に定めた約束」に基づくトレードではなく、「自分の直感や感情」に基づくトレードをしてしまうために、失敗するのです。

人間が本来持ち合わせている直観や感情というのは、トレードで成功しない要因を多数秘めています。

必ずしも合理的とは言い難い感情的な理由でトレードを行い、その結果、取り返しのつかない結果を招いてしまうことが多いのです。

・本来損切りすべきところを、損を確定させたくないという理由で損切りができず傷がさらに広がった・・・

・業績発表や相場解説を自分の都合の良いように解釈して、後で間違いに気づいたときには大損していた・・・

そんな経験はありませんか?

システムトレードという手法を導入することによって、そのような感情的な理由でトレードしてしまうこと失敗を軽減できる可能性があります。

それが、システムトレードという手法が持つ可能性です。


その他の記事を見る

その他の記事を見る

システムトレードの前に知っておくべきこと

システムトレードとは?

優位性のあるストラテジーとは?

株システムトレードの実践に必要なもの

トレード対象についてどう考えるか?

バックテスト期間についてどう考えるか?

自分でバックテストをすることの大切さ

株システムトレードの実践手順フローチャート