シストレ魂は、日本株システムトレードのための検証ソフトです。

システムトレードストラテジー最適化テキスト+連続バックテスト機能


201406-01.jpg(44155 byte)

■ 短期間で理想的なストラテジーを素早く見つけたい・・・
■ 同じ時間で、今までよりもバックテストを数多くこなしたい・・・
■ 今までよりも、バックテストを効率よくやる方法を知りたい・・・

システムトレーダーであれば、初心者であれ上級者であれ共通して持っている悩みです。

もし、あなたも同じように考えているのであれば・・・ 今回のお知らせは朗報です。

このページを最初から最後までお読みください。

今回、新たにシストレ魂に搭載された連続バックテスト機能を使えば・・・

日本株システムトレードにおけるバックテストの効率が良くなり、 あなたのシステムトレーダーとしての実力も格段にパワーアップすること間違いありません。

もちろん、連続バックテスト機能というツールだけでなく、 そのツールを最大限に活用するためのノウハウテキストも用意していますから、初心者でも使いこなせるようになれます。

【連続バックテスト機能 起動イメージ】
【ツールメニュー】

【18個のストラテジーを連続的にバックテストした例】

各コンセプトごとに解説も付いている実践的なストラテジー事例集・・・

それをあなたのものにしてみませんか?

はじめに

こんにちは。
トレードテックの中村義和と申します。

日本株のシステムトレードを実践しているとともに、
日本株のシステムトレードソフトの開発も行っております。

私自身の日本株システムトレード歴は10年以上になります。

裁量トレードで何度か手痛い損失を被った経験から、感覚や感情でトレードするのでなくルールに従った トレードを実践することの重要性を感じ、システムトレードに移行しました。

当時の本職だったシステムエンジニアとしてのスキルを活かし、
自作でバックテスト環境を構築したのがシステムトレードを始めたきっかけです。

ただ、私の場合、システムトレードを始めて、最初からうまくいったわけではありません。

実に、さまざまな失敗や成功を経験してきました。

独りよがりな思いこみで作ったストラテジーを実弾で試してみて、
手痛い損失を被ったこともありました。

また、バックテストと実トレードのギャップに悩んだこともありました。

そういった紆余曲折の経験があって、
いまでは安定した利益をもたらすストラテジーを運用できるようになったのです。

これまでメールマガジンやテキストなどで発信したシステムトレードに関する情報は、
そうした私自身の過去のトレード経験からきているものも多いです。

また、私が2010年にシステムトレードソフト「シストレ魂」をリリースしたのは、

「(開発当時にあった)既存のシステムトレードソフトでは、
 相場局面の違いを踏まえたストラテジー構築ができないから、実トレードで使えない!」

という不満があったからにほかなりません。

リリース当時は、無名で後発組だったこのソフトだったわけですが・・・

今では、シストレ魂を愛用しているレベルの高いシステムトレーダーが増えてきて、
非常に嬉しく思います。

レベルの高いシステムトレーダーが身近にいるというのは、
私にとって何物にも代えられない財産です。

私が気づかなかったことをいろいろ指摘してくれたり、
トレードやバージョンアップのアイデアを提供してくれたりするからです。

そのお返しとして、

※ 私自身のトレードスキルが向上して、ユーザーにその情報を還元したり・・・
※ シストレ魂の機能を向上させて、ユーザーに還元したり・・・

ということができているのも事実です。

今では、このようなギブ・アンド・テイクを続けていくことが、
システムトレードで成功し続けるための秘訣の1つだと確信しています。

そういった意味でも、
今後も引き続き有用な情報を提供していきたいと考えております。

日本株システムトレードのストラテジー最適化とは?

さて。
今回提示したいのは、日本株システムトレードの最適化に関するノウハウとそのツールです。

システムトレードの上級者が 【 実は、こんな機能がほしいと思っている! 】 と言ってきた話。

システムトレードの初心者が 【 バックテストをもう少し効率よくできませんか? 】 と言ってきた話。

初心者も上級者も同じような悩みや願望を抱えていることが分かり、ここ2カ月くらいは、 トレードの傍ら、日本株のシステムトレードの最適化に関するノウハウとツールの開発に時間を割いていました。

そして、今回ようやくリリースに至りました。

それで、今回提供するノウハウやツールとは・・・

日本株システムトレードのバックテストを如何に効率よく行って、
如何に理想的なストラテジーを素早く見つけるか?

ということを追求するためのノウハウとそれを実行するための環境整備を自分なりにまとめたものです。

すなわち、

「日本株システムトレードのストラテジー最適化を如何にして行えばよいか?」

ということに焦点を当てたノウハウおよびツールの提供だとお考えください。

最適化(さいてきか)という言葉が出てきましたが、これはシステムトレードの世界では良く使われる言葉です。

システムトレードの世界に長く関わっているトレーダーであれば、 この最適化というのがどのような意味なのかということは理解しているかもしれません。

ただ、今回初めて最適化という言葉を知った人もいるかと思いますので、ここで簡単な事例を使って説明したいと思います。

ストラテジー最適化の事例

ストラテジー最適化について分かりやすく説明するための事例として、 ゴールデンクロス/デッドクロスというストラテジーを取り上げたいと思います。

すなわち、

「ゴールデンクロス/デッドクロスのストラテジーでトレードすれば、利益をあげられるのではないか?《

という仮説を立て、その仮説の有効性を検証しようと考えます。

ゴールデンクロス/デッドクロスとは、以下のような状況を指します。

■ゴールデンクロス
期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を、下から上にクロスしたとき、ゴールデンクロスが実現したと定義する。 株価が底をうち上昇トレンドに入ったサインといわれているが、当然だましもある。

■デッドクロス
期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を、上から下にクロスしたとき、デッドクロスが実現したと定義する。 株価が天井を打ち下落トレンドに入ったサインといわれているが、当然だましもある。

【ゴールデンクロス/デッドクロス の イメージ図】

saiteki-04.jpg(44158 byte)

ゴールデンクロス/デッドクロス という現象自体は、テクニカル分析の本をみればいくらでも載っていますので、そう難しい話ではありません。

本題はここからです。

ゴールデンクロス/デッドクロス の基本となる、
2本の移動平均線(短期、長期)のパラメータの組み合わせを
それぞれいくつにすれば最も良いバックテスト結果が得られるか?

ということを考えるのが最適化という作業になります。

最適化をどう実施すればいい?

さて。

システムトレードにおける最適化という言葉の意味は理解いただけたでしょうか?

問題は、その最適化をどうやって実施すればいいかということになりますよね?

答えは・・・
2本の移動平均線のパラメータをいろいろ変えて何度もバックテストをやる ・・・ です。

バックテストを繰り返し行う・・・

ということは・・・
日本株システムトレードの場合、シストレ魂を何度も回す必要があるわけです。

すなわち、

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

STEP1. 2本の移動平均線のパラメータをいろいろ変えたストラテジーファイルを作って・・・

STEP2. ストラテジーファイルを作ったらそれぞれのストラテジーのバックテストを行って・・・

STEP3. そのバックテストが終了したら、その結果を保存して・・・

STEP4. STEP2〜STEP3 を作成したストラテジーファイルの数だけ実施する

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

というような作業が発生するわけです。

STEP1.のストラテジーファイルは自分で作らないといけないのは仕方がないとしても・・・

STEP2.〜STEP4.を全て手作業で行うという話になると、気が遠くなってしまいますよね。

そこで、登場するのが、今回のバージョンアップでリリースされた連続バックテスト機能なのです。

【連続バックテスト機能 起動イメージ】
【ツールメニュー】

【18個のストラテジーを連続的にバックテストした例】

この連続バックテスト機能を使うと ・・・

■ 複数のストラテジーファイルを連続してバックテスト!

■ バックテストが終了したら、自動的にバックテスト結果を保存!

■ バックテストを実施したいストラテジーファイルを予め呼び出しておいて、開始ボタンを押すだけ!

という流れになるのです。

これまで手作業でやっていたものが一気に自動化されるわけですから、かなり効率よくバックテストを行うことができます。

試しに、私の知り合いのシステムトレーダーに連続バックテスト機能を使ってもらったところ・・・
【バックテストがずいぶん楽になって便利になった】と言ってくれました。

実際、便利なのです。

バックテストを実施したいストラテジーファイルがたくさんあって
バックテストが全て終了するのに時間がかかる場合でも・・・

連続バックテスト機能を使えば、自分はパソコンから離れて他のことが出来るようになるからです。

たとえば、自分が良くやっている連続バックテスト機能の使い方ですが・・・

夜寝るまえに連続バックテストを走らせて、朝起きたときにバックテスト結果を確認する・・・

という使い方です。

こんな使い方も出来ますから、少なくとも、バックテストのために夜更かしすることはもうなくなりますね。

ストラテジー最適化に関するノウハウもぎっしり詰まっています・・・

今回提供するのは、連続バックテスト機能というツールだけではありません。

ストラテジー最適化に関するノウハウテキストも提供しています。

そのノウハウテキストを見ながら、連続バックテスト機能を触っていくことで、 日本株システムトレードの最適化の手順を身につけることが出来るようになっています。

日経225先物のようなトレード対象が1銘柄のシステムトレードにおいては、 割と当たり前のように最適化が利用されていましたが、日本株システムトレードにおいては最適化が利用されていませんでした。

日本株システムトレードは最大で約4,000銘柄ものトレード対象とするため、 1回のバックテストだけでも相応の計算時間がかかるため、何度も繰り返しバックテストをするということになかなか対応出来なかったという現状もありました。

システムトレーダーとしては、日本株システムトレードでもいろいろなパターンのバックテストを実施したい、 という願望があったにもかかわらず、肝心なシステムトレードソフトの機能がそれに対応していなかったのです。

また、日本株システムトレードの世界でストラテジー最適化を実践している人も殆ど見かけませんでした。

■ 短期間で理想的なストラテジーを素早く見つけたい・・・
■ 同じ時間で、今までよりもバックテストを数多くこなしたい・・・
■ 今までよりも、バックテストを効率よくやる方法を知りたい・・・

ストラテジー最適化および連続バックテストのニーズが高いにも関わらず、公表されているノウハウがない・・・

そういう現状がずっと続いていたわけですが、今回のリリースで日本株システムトレーダーのニーズに応えた形となりました。

それが、冒頭のタイトルにあった、

バックテストの効率性と網羅性を高めて
理想的なストラテジーを素早く産み出すための
システムトレードストラテジー最適化テキスト

なのです。

ストラテジー最適化テキスト+連続バックテスト機能・・・その具体的な内容とは?

テキスト概要

バックテストの効率性と網羅性を高めて
理想的なストラテジーを素早く産み出すための
システムトレードストラテジー最適化テキスト
【連続バックテスト機能ライセンス付属】:
価格 39,800円(税込)

order-02.jpg(8970 byte)

※同梱内容
(1)本文テキスト 68ページ(PDFファイル形式)
(2)サンプルストラテジーファイル
(3)連続バックテスト機能ライセンス

■ テキスト内容

〜 テキスト目次 〜

第1章:はじめに
(1)当テキストの目的
(2)テキストをお読みになるにあたっての注意点(免責事項)

第2章:システムトレードのストラテジー最適化とは?
(1)このテキストの目的 : 日本株システムトレードのストラテジー最適化
(2)ストラテジー最適化の事例 : ゴールデンクロス/デッドクロスの最適化

第3章:最適化を実施するにあたっての3つの疑問点
(1)システムトレードのストラテジー最適化に関する3つの疑問点
(2)最適化における良いバックテスト結果とは何か?
(3)最適化ではどのくらいの組み合わせを考えるべきか?
(4)自分のパソコン環境でどのように最適化を実施すればいいか?

第4章:連続バックテスト機能について
(1)複数のバックテストを連続的に実施するメリット
(2)連続バックテスト機能について
(2*1)連続バックテスト機能のライセンス認証
(2*2)連続バックテスト機能の実施手順
(2*3)ゴールデンクロス/デッドクロスの最適化の場合

第5章:ストラテジー最適化の事例(第一段階)
(1)連続下落押し目買いストラテジーの概要
(2)最適化の対象とするパラメータの選定
(2*1)1回あたりのバックテスト時間の短縮方法
(2*1*1)バックテスト期間を短くする
(2*1*2)複雑な条件設定をあえて排除する
(2*2)連続バックテストを実施するパターン数を減らす方法
(3)ストラテジーの最適化の条件再整理
(3*1)全体設定・シグナル設定
(3*2)ルール設定(仕掛け条件)
(3*3)ルール設定(手仕舞い条件)
(3*4)ルール設定(資金管理)
(3*5)ルール設定(その他)
(3*6)ルール設定(その他)
(3*7)ストラテジーファイルの作成
(4)条件の確認
(4*1)仕掛け条件
(4*2)手仕舞い条件
(4*3)資金管理
(4*4)資金管理2
(4*5)その他
(4*6)トレード対象
(4*7)シグナル設定
(4*8)シグナル設定
(4*9)バックテスト
(5)連続バックテストの実施
(6)連続バックテストの結果
(6*1)連続バックテストのサマリ比較
(6*2)連続バックテストの詳細確認

第6章:ストラテジー最適化の事例紹介(第二段階)
(1)連続下落押し目買いストラテジーに関する細かい最適化
(2)ストラテジーの最適化の条件再整理
(2*1)全体設定・シグナル設定
(2*2)ルール設定(仕掛け条件)
(2*3)ルール設定(手仕舞い条件)
(2*4)ルール設定(資金管理)
(2*5)ルール設定(その他)
(2*6)ルール設定(その他)
(2*7)ストラテジーファイルの作成
(3)連続バックテストの実施
(4)連続バックテストの結果
(4*1)連続バックテストのサマリ比較
(4*2)連続バックテストの最終レビュー

第7章:最後に

当テキストで得た基礎知識および最適化事例を基に、連続バックテスト機能を使いこなしていただいて、 あなたも効率よくバックテストを行うことができるようになるでしょう。

そして、優位性のあるストラテジーを素早く見つけ出しマーケットで安定した利益を得られるようになってください。

日本株システムトレードにおいて、

■ 短期間で理想的なストラテジーを素早く見つけたい・・・
■ 同じ時間で、今までよりもバックテストを数多くこなしたい・・・
■ 今までよりも、バックテストを効率よくやる方法を知りたい・・・

というニーズに応え、それに対応したノウハウテキストおよびツールを提供しているのは、私が知る限りシストレ魂以外にはありません。

最適化に関するノウハウテキスト および 連続バックテスト機能のライセンス をご希望の場合、以下のページからお申込み下さい。

■ お申込みはこちらから

シストレ魂 とは?

シストレ魂とは、
日本株で安定した利益を目指す人のためのシステムトレードソフトです。

シストレ魂は、難しいプログラムや表計算ソフトの知識は不要、 簡単な数値入力とマウス操作だけでストラテジーの作成・検証・実行ができるようになっております。

  • 特長1:自分の資金量を考慮したバックテストが可能!
  • シストレ魂では、自分の資金量を考慮したバックテスト機能が搭載されています。 これによって、現実的かつ実用的なバックテスト結果を得ることができます。


  • 特長2:相場全体の状況を判定するための条件設定が可能!
  • シストレ魂では、相場全体の状況を判定するための条件設定方法を多数用意しております。 これによって、いまは上昇相場なのか、それとも、いまは下落相場なのか、といった相場判断を盛り込んだバックテストが可能になります。


  • 特長3:複数のルールを同時並行したバックテストが可能!
  • シストレ魂では、複数のルールを同時並行させることが可能で、設定できるルール数に制限はありません。 これによって、相場状況に応じてルールを変えたり、ルールの分散によるリスク分散を図ったバックテストが可能になります。


  • 特長4:数多くのテクニカル指標と多彩な条件設定方法を用意!
  • シストレ魂では、有名どころ・無名どころを含めた数多くのテクニカル指標を用意しております。 また、条件設定方法も多彩で、従来のテクニカル分析の教科書には載っていない使い方も可能です。 自分にとって有用だと思えるテクニカル指標および使い方をきっと見つけられるでしょう。


  • 特長5:さまざまなトレード執行方法に対応!
  • シストレ魂は、さまざまなトレード執行方法に対応しており、日足のシステムトレードで必要なトレード執行方法は、ほぼ網羅されていると言っても過言ではないでしょう。 これによってさまざまなトレードスタイルに対応したバックテストや実トレードが可能となり、システムトレードの幅が広がることでしょう。


    ★ 2010/10/11
    リアルタイム売買指示機能を搭載、当日引成での仕掛けや手仕舞いも可能になりました。


  • 特長6:ユーザ定義データを導入したバックテストが可能!
  • シストレ魂では、過去データを用意すれば、日本株以外のデータを導入したバックテストも可能です。 これによって、NYダウやドル円の値動きに基づいたルールなどを作成することが可能になります。 また、外国為替(FX)や日経225先物をトレード対象にしたバックテストなども実現可能になります。


  • 特長7:現状のポジションや資金余力に対応した売買指示機能を搭載!
  • シストレ魂は、バックテスト機能のみならず、売買指示機能も搭載されております。 しかも、現状のポジションや資金余力に対応した売買指示を出してくれるので、実トレードに忠実です。


  • 特長8:多面的な角度から分析できるバックテスト結果サマリを用意!
  • シストレ魂では、バックテスト結果サマリも充実しています。 具体的には、年別・市場別・業種別・価格別・損益分布などのサマリを用意しております。 これによって、バックテスト結果をさらに精緻に分析することが可能になるでしょう。


  • 特長9:さまざまなデータのCSVファイル出力が可能!
  • シストレ魂では、株価・出来高データのほか、各種テクニカル指標の計算結果データもCSVファイル形式で出力が可能です。 これによって、表計算ソフトを使った追加分析が可能となっており、上級者にとっても非常に満足度が高いソフトに仕上がっています。


  • 特長10:チャート機能でトレードアイデアを視覚的に把握することが可能!
  • シストレ魂は、チャートビュー機能を有しており、トレードアイデアを視覚的に把握することが可能です。 また、シストレ魂のチャートビュー機能は、既存のチャートソフトでは恐らく出来ないであろうオリジナルの機能も備わっております。 チャートビュー機能とバックテスト機能とを相互補完的に利用して良いトレードアイデアを見つけるきっかけが得られることでしょう。


  • 特長11:充実したサポート体制と情報発信でバックアップ!
  • 当社は、開発者の都合だけでやみくもにシストレ魂の性能の高さを追求しているわけではありません。 ユーザーがシステムトレードのことをより的確に理解して、かつ、シストレ魂を使いこなせるようになることも最重要課題であると認識しております。 具体的には、迅速なメールサポート、要望に応じたバージョンアップ、充実したテクニック例やストラテジーレポート、役に立つ知識を提供するためのメールマガジン、によってバックアップします。


  • 特長12:自動発注機能の導入で実トレードがよりスムーズに!
  • 自動発注アプリ「発注魂」(はっちゅうだましい)を開発しました。これによって、「多くの銘柄をトレードするときの発注の手間が省ける」「リアルタイム売買指示機能で出した売買指示をそのまま自動発注できる」という2つの大きなメリットが得られます。


  • 特長13:連続バックテスト機能の導入でバックテストが従来よりも効率的に!
  • 連続バックテスト機能を開発しました。 これによって、「同じ時間で、今までよりもバックテストを数多くこなす」ということが可能になり、今までよりも短期間で理想的なストラテジーを見つけられる可能性が高まりました。また、システムトレードでは必須ともいえるストラテジー最適化という作業もこの連続バックテスト機能によって実現可能になりました。 システムトレードのストラテジー最適化に関するノウハウと共にツールを提供しています。

システムトレードストラテジー最適化テキスト

で紹介しているストラテジーも、既存の株システムトレードソフトでは不可能な、 シストレ魂でしか出来ない重要なテクニックがふんだんに使われています。

そういった意味でも、紆余曲折のある相場の荒波を乗り切るためのストラテジーを構築するために必要不可欠なツールだと言えます。

シストレ魂の特長をもっと詳しく知りたい場合は、こちらをご覧ください。

■ お申込みはこちらから

↑ PAGE TOP